超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

ウクレレの基礎知識

「カポを使ったコード変換」「キーの上げ下げ」を簡単にするルールと方法

2019/12/09

ウクレレを弾いていて

  • キーを半音(全音)上げたい
  • キーを半音(全音)下げたい
  • コードを簡単にしたい

と思ったことはありませんか?

カポを使ったコード変換や転調は、ルールが意外と単純なので、コツさえわかれば誰でも簡単にできます。

そのためには、「コード表」「カポ」の2つを必ず用意してくださいね。

コード表の特徴

  • どの本も、コードダイアグラム(コード図)は上から下へ音階順に書かれている
  • コードが1段下がると半音上がる

カポの特徴

  • カポは(ボディ側に)1フレット移動するごとに半音上がる
  • カポで音は下げられない

キーを上げる方法

カポを使う場合

半音上げる場合はCapo1、全音上げる場合はCapo2というように、上げたいキーの高さになる位置にカポを挟んで弾きます。

カポを使わない場合

【例】「C」「G」「Am」「F」を全音上げる場合

コード表を見ながら、各々のコードの2段下のコードに置き換えます。

したがって

  • 「C」→「D」
  • 「G」→「A」
  • 「Am」→「Bm」
  • 「F」→「G」

となります。

キーを下げる方法

【例】「C」「G」「Am」「F」を半音下げる場合

コード表を見ながら、各々のコードの1段上のコードに置き換えます。

したがって

  • 「C」→「B」
  • 「G」→「G♭」
  • 「Am」→「A♭m」
  • 「F」→「E」

となります。

カポを使ってコードを簡単にする方法

【例】「D♭」「E♭」「A♭」「Fm」を簡単なコードにする場合

まずは「D♭」を「C」にします。

コード表を見ると、Cは、D♭からマイナス1番目にあるので、カポ1でCを弾くとD♭と同じ音になります。

基準がカポ1と決まったので、残りの各々のコードを、マイナス1番目にあるコードに変換します。

したがって、カポ1で簡単に弾く場合

  • 「D♭」→「C」
  • 「E♭」→「D」
  • 「A♭」→「G」
  • 「Fm」→「Em」

となります。

便利なコードチェンジャーを使おう

コード表を見ながら、全てのコードを変換するのは手間と時間がかかります。

一度WordやExcelにコードを落として一括変換するという方法もありますが、パソコンが苦手な人には難しい作業です。

しかし、「ウクレレコードチェンジャー」という便利グッズがあれば、難しいコードを素早く簡単に変換してくれます。

手持ちの楽譜をコード変換する際には、これがとても役立つんですよ。

最後に

キーを上げたいけれどカポを使いたくない場合や、キーを下げたい場合、ウクレレコード表の特性を知っていれば簡単にコード変換できるようになります。

Jam's Ukulele ウクレレ・コード・チェンジャー
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウクレレの基礎知識