超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

便利なウクレレグッズ

ウクレレストラップの選び方(サウンドホール引っ掛けタイプ)とオススメ3選

腕が短い私は、コンサートウクレレがうまく固定できないため、ウクレレストラップを購入しました。

最初のストラップ選びに失敗してしまった経験を踏まえ、お子さんから大人まで手軽に使えるストラップの選び方を紹介したいと思います。

使いやすいウクレレストラップ

しっかりと長さ調整ができるもの

デザインにより、調整しても長くなってしまうものがあります。

特にお子さんや背が低い人は、しっかりと縮められるものを選びましょう。

※ネックレスタイプよりベルトタイプの方が調節しやすいです。

ヒモが太い

ひもが太い方がウクレレとの接着面積が大きくなり、よりウクレレが安定します。

また、肩も凝りにくくなるので幅広タイプを選びましょう。

ストラップの比較

大人向けサイズ

「ROCK YOU」のウクレレストラップは、小さい人には不向きです。

デザイン性があり、紐が太い分安定しやすいですが、調節アジャスターがつなぎ目で止まってしまうため、一定の長さしか縮めることができません。

また、アジャスターが2個なので、調整が面倒です。

身長150cmの私の場合、最大限に縮めても長く、ウクレレの位置が低くなって(胸よりも下になった)使い物になりませんでした。

首の部分がふんわりと柔らかく、ホールド感が良かっただけに残念でした。

小さなお子さんから大人まで使えるタイプ

「ARIA」のウクレレストラップは1本のベルトを輪にしているため、最大で約60cm縮められます。

身長やウクレレを構える位置にもよりますが、私は18cm縮めてピッタリでした。

フックはビニールで覆われていて、ウクレレが傷つく心配もありません。

幅2cmの布製(手芸屋さんで売っているバッグ用のひもと同じ素材)で柔らかく、着け心地もいいですし、以前よりもウクレレが弾きやすくなりました。

シンプルですが、色が可愛いので(全7色)親子で揃えてもおしゃれです。

気を付けたいこと

フック型ストラップは、パイナップルウクレレにはおすすめできません。

なぜなら、ボディにくびれが無い分、ウクレレが左右にツルツル動いて弾きにくいからです。

おすすめのウクレレストラップ3選

アリア ウクレレストラップ

値段が安く、長さ調整の幅が広いため使い勝手が良いです。

色もカラフルで、初めてのストラップとして最適です。

アヌエヌエ ウクレレストラップ

キャンバス地のストラップです。

色、使い勝手はアリアと同等ですが、若干値段がお高め。

バイナンズ ウクレレストラップ

帆布製のワンランク上のストラップです。

よりお洒落なものを身に着けたい方におすすめです。

最後に

さらにウクレレを安定させたい場合は、肩掛け用のストラップがおススメです。

※ウクレレにストラップピンが付いていない場合は使えませんので注意が必要です。

 

どうしても肩掛けストラップにしたい場合は、自分でフックを取り付けるか、フック付きのウクレレを購入してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-便利なウクレレグッズ