ウクレレ日記

ウクレレ初心者が「恋のバカンス」をかっこよく弾く方法

2018/01/14

現在、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」を練習しています。

コード譜はこちら

歌も良く知っているし、コードも結構簡単。難しいのはF#7だけなので、少し練習すれば弾けそう。

原曲はジャズアレンジでスイングしているので、基本の8ビートをシャッフルで弾くとかっこよく決まります。

でもね、シャッフルって難しいのよねぇ。

そこで、私が試した「初心者でもうまく弾ける方法」を紹介します。

スポンサーリンク

ストロークの方法

初心者が格好よく弾くためには、1小節に基本の8ビートを2回入れて歯切れよく弾くこと。テンポは速くなりますが、それっぽく聞こえます。

これを2回でワンセット。

最初はゆっくりで、慣れてきたら徐々にスピードを上げてみて下さい。回数をこなすと必ず上達しますよ。

コードチェンジのキモ「Am→F#7」の弾き方

F#7は指を4本使うので、難易度が高いコードです。したがって、スムーズにできるようになるためには練習あるのみです。

Am

F#7

1番目のコツ

「Am」を押さえながら、2弦2フレット付近に人差し指を浮かせておきます。この時、中指がフレットと平行になるよう、垂直にして押さえます。

イメージとしてはフレット上に人差し指を待機させる感じです。

2番目のコツ

F#7を弾くときに、中指・薬指・小指を同時に動かすことです。それにつられて人差し指が、自然に定位置に移動します。

※中指・薬指・小指の位置は、何度も練習して指に覚えさせておくことが必要です。

エンディングの「Em!」の弾き方

EmにC#(D♭)をプラスすると味が出ます。その場合、1弦4フレットを小指で押さえます。

最後に

F#7は難しいですが、できれば指を見ないで弾けるようにしたいですね。

そうなることで、さらにウクレレの腕が上達すること間違いなしです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-ウクレレ日記