超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

演奏のコツ一覧

Eコードが簡単に練習できる曲「ロビンソン」の弾き方

2019/04/15

ロビンソンは、発売されてから20年以上も経っていますが、色あせていないのがいいですね。

メロディがゆったりしているため弾き語りしやすく、かっこよく弾ける曲だと思います。

この曲の最後に1か所だけ、難しいコード「E」がありますが、「Esus4 → E」という流れに乗ったコードチェンジができるので、Eを簡単に弾くことができます。

私はこの曲で、Eコードが弾けるようになりました。

ロビンソンのウクレレコード

コードは全部で15種類。押弦は比較的簡単ですが、コードチェンジが難しい箇所が一部あります。

コード譜ロビンソン(外部サイト)

コードを簡単にする1つのポイント

  • Esus4を簡易コードにする。

コードチェンジの方法

コードチェンジ

「Dsus4 → D → B7sus4 → B7」の部分が一番難関になります。

※もっと簡単に弾くのであれば「Dsus4 → B7」に変更してもいいと思います。

Am ⇒ Dsus4

※Amは人差し指で押さえる

Dsus4 ⇒ D


B7sus4 ⇒ B7


Esus4 ⇒ E


ストローク

16ビート

4ビート

※「Dsus4 → D → B7sus4 → B7」の部分

最後に

16ビートが弾けるようになると、スピッツの曲のバリエーションも増えます。

スピッツが好きな方は、ぜひロビンソンを弾いてみて下さいね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-演奏のコツ一覧