ウクレレ日記

「そんなヒロシに騙されて」のコードチェンジをスムーズにするコツ

桑田佳祐:作詞作曲、原由子が歌う「そんなヒロシに騙されて」は、コードの音の流れが美しく、ウクレレにも向いている曲ではないかと思います。

ストロークが基本の8ビートで、初心者が弾き語るにはとてもいい曲だと思います。

ただし、難しいコードチェンジが3パターンあるので、練習も必要です。

コード譜はこちら

スポンサーリンク

ストロークの方法

楽しく歌うことが目的なので、歌詞にもあるように8ビートで弾き語ります。

コードチェンジのキモ「C→F#7」の弾き方

指を4本使うF#7は、指がこんがらがってしまうので、F#7をF#に置き換えます。

理由としては

からです。

F#7


F#


F#を弾くコツは、人差し指を伸ばし気味にし、中指→薬指→人差し指という順番に指を置くことを意識すると、弾きやすくなります。

どうしても上手くいかない場合は、F#add9(薬指をはずして弾く)でも良いと思います。

F#add9


コードチェンジのキモ「G→B7sus4→B7」の弾き方

ポイントは効率よく薬指を動かすことです。

G


B7sus4


B7


G→B7sus4のコツ

薬指を右上に移動しつつ人差し指をバレーにします。

B7sus4→B7のコツ

薬指の真横に中指を置き薬指を離します。

コードチェンジのキモ「B♭m→E♭」の弾き方

B♭m

E♭

E♭は3本の指で押さえるのが基本ですが、あえてB♭のバレーを残すとスムーズに弾けます。

E♭

この時、薬指もバレーで弾きます。薬指の第1関節に力を入れると、うまく2弦3弦を押さえることができます。

最後に

使う頻度が少ないコードは、なかなかスラスラ弾けないものです。

しかし、何度も練習しているうちに、こうした方がいいというコツが見えてきます。

今回は私が弾きやすかった方法を紹介していますが、もし自分にあった別の方法があれば、それで弾いて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-ウクレレ日記