中級者以上が弾ける曲

ウクレレ「春の歌」の弾き方・ストローク

2017/08/30

スポンサーリンク

ストローク

主なストロークは5種類あります。詳しい弾き方は、コード譜を参考にしてください。

コードは簡単ですがテンポが速く、16ビートのパターンが2つある分、渚よりもさらに難しくなっています。

なので基本の16ビートで弾く方が簡単です。

ストロークの見方

ストロークパターン1

ポイント

基本通りにアップダウンを行うと、遅いテンポでしか弾けません。しかし、以下の事を意識するだけで、スムーズに弾けるようになります。

  • 16拍を3つ(6拍・6拍・4拍)に分ける
  • 「A」「B」2種類のストロークの組み合わせになる
  • 空ピックを無視する
  • 1拍目、7拍目、13拍目は常にダウン
  • 5拍目、11拍目はダウン、16拍目はアップと意識するとリズミカルになる
  • ジャーンジャジャン・ジャーンジャジャン・ジャンジャジャと口ずさみながら弾く

最初はうまく弾けませんでしたが、忘れたころに練習を再開したら、急に弾けるようになりました。

ストロークパターン2

ストロークパターン3

ストロークパターン4

ストロークパターン5

参考動画

コード譜

spitz_harunouta_16

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-中級者以上が弾ける曲