中級者以上が弾ける曲

ウクレレ「異邦人」の弾き方・ストローク

2018/03/22

原曲はEmから始まり、サビではEが出てくるという、コードが難しい曲です。

しかし、移調(+5)するとAmから始まるようになり、簡単コードで弾けるようになります。

Capo1となっていますが、使っても使わなくてもいいでしょう。

移調の方法⇒ギターコード表示で移調(+)を5回クリックする

コード譜はこちら

ストロークの方法(メイン)

基本の8ビートをカッティング(ズンジャ・ズンジャ・ズンジャ・ズンジャ)で弾きます。

カッティングする場所は1拍目、3拍目、5拍目、7拍目。

親指で弾き下ろす時に、手首を手前にひねり、親指の付け根から下の部分を弦に乗せます。そうすると簡単にチャっと音が止まります。

ストロークの方法(イントロ)

  • 冒頭部分の最後のAm(E7の後の4つ)
  • 中間部分の最後のAm(E7の後の2つ)

1小節に8ビートを2回弾きます。メロディーはテンポが遅めですが、ストロークはアップテンポになります。

ストロークの方法(サビ)

1小節に8ビートを1回弾きます。ストロークはテンポがゆっくりになります。

ストロークの方法(サビ最後)

エンディングの1つ手前のサビは、1小節で1回ジャーンと振り下ろすだけです。

BmとF#7が弾きにくい場合

BmやF#7がどうしても難しくて弾けない場合は、以下のように変更すると更に簡単になります。

  • Bm ⇒ D
  • F#7 ⇒ F#m

参考動画

最後に

ストロークが早いので、慣れるまでゆっくり弾き、徐々にテンポを上げて練習をするといいでしょう。

動画を参考にすると、全てカッティングが入っていますが、メインの部分だけでも十分に雰囲気が伝わります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-中級者以上が弾ける曲