ウクレレの基礎知識

購入前に知っておきたいウクレレの各部名称のこと

2017/07/27

ウクレレ購入前に、色々な部位名称が出てきて、ハッキリ言ってよくわからない。しかもカタカナだし・・・。

「英語が苦手なのよね」と言う人も多いはず。

そこで、本体パーツの名称と役割を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

ヘッド

ヘッドはウクレレの頭の部分で、ブランドのロゴが印字されているウクレレもあります。

ペグ

弦を締めたり緩めたりすることで、音の調律(チューニング)をします。

ネック

ネックは弦を押さえる部分になります。

ナット

ネック側にある、弦を支える部分です。やすりで削って、弦の高さを調整することができます。

フレット

音階を決める金属の仕切りです。この数が多いと音域が広がります。

フィンガーボード

指板(しばん)とも呼ばれます。ネックの表側の板になります。

ボディ

ウクレレの本体です。スタンダード形とパイナップル形があります。

サウンドホール

ウクレレの音が出る部分です。

ブリッジ

弦を留める部分です。

サドル

ボディにある、弦を支える部分です。ブリッジの上に乗っています。やすりで削って、弦の高さを調整することができます。

弦の呼び方

左手にネック、右手にボディという持ち方をした場合、上から順に「4弦」「3弦」「2弦」「1弦」となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-ウクレレの基礎知識