コードの弾き方

ウクレレの指使いは基本と違っても良い

2017/07/27

ウクレレのコードの押さえ方は基本ルールがありますが、曲によってはモタついてコードチェンジがスムーズにできません。

弾くときに、指使いが違ってはダメなの?スムーズに弾ければ指使いなんてどうでも良いのでは?

スポンサーリンク

指使いは基本と違ってもかまわない

基本の指使いは効率が良い訳ではないので

基本に忠実でありつつ、指使いを効率よく変えてみる

というのが、上手くなるためのテクニックです。

しかし、正しい指使いは覚えて下さい。なぜなら、指がコードを記憶するので、左手を見ずに演奏できるようになるからです。

いつも違う指使いをしていると、左手に集中するあまり、楽譜が見れなかったり、リズムが狂うこともあります。

できれば、基本の指使いを覚えた上で工夫して下さい。

D7からG7へのチェンジ

基本

D7は人差し指・中指。G7は中指・薬指・人差し指。

変更後

D7を中指と薬指で押さえます。G7は中指と薬指をスライドし、人差し指をプラスします。

G7からEm7へのチェンジ

基本

G7は中指・薬指・人差し指。Em7は人差し指・中指。

変更後

G7は基本通り。Em7は中指と薬指を押さえたままにし、人差し指を抜きます。

まとめ

指使いの工夫次第でコードチェンジがスムーズになり、上達が早くなります。

コードチェンジの壁にぶつかった時は、試行錯誤をして、自分の弾きやすいポジションを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-コードの弾き方