超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

その他

ウクレレブランドAria(アリア) とモデルAU-1のスペック詳細

2019/04/29

私が購入したウクレレと付属品の紹介をしたいと思います。

Aria(アリア)とは

アリアは、荒井貿易株式会社の自社ブランドです。

荒井貿易は、1956年創業の楽器の輸出入や国内卸販売などを行っている商社です。

ギターを中心に展開し、楽器用アクセサリー等も充実しています。ウクレレは、ソプラノタイプのAU-1と、コンサートタイプのACU-1Kの2種類があります。

生産は中国で行われていますが、ウクレレについては品質が良いことでも知られています。

参考荒井貿易株式会社公式ホームページ

Aria(アリア)AU-1の外見

ヘッド

アリアのロゴとギアペグ。

裏はこんな感じ。

フィンガーボード

フレットは綺麗に並んでいます。

角もしっかりと削られているので、演奏時に手がひっかかることもありません。

バリが無いというのも、他の安ウクレレとは違う所です。

ブリッジとサドル

値段の割に取り付けが綺麗。しかも牛骨。

ネック

ボディ

美しいボディライン。私の身体もこんなだったらいいのに・・・。

ネックの取り付けも綺麗。

ワイレッドに近い落ち着いた色合いがイイ感じ。

Aria(アリア) AU-1のスペック


シンプルなデザインとつや消し塗装により、落ち着いた雰囲気を醸し出すソプラノ・ウクレレ。

マホガニー材の採用による柔らかく甘いサウンドが特徴です。ギア式ペグの採用によるチューニングのしやすさも魅力。

※荒井貿易株式会社ホームページより抜粋

ボディ マホガニー
ネック オクメ
ブリッジ ウォルナット(旧仕様はローズウッド)
フィンガーボード ウォルナット(旧仕様はローズウッド)
ナット/サドル 牛骨
ナット幅 38mm
フレット 12
Aquila(アクィーラ)ナイルガット弦
生産地 中国

アクイーラ製の弦を使っている証拠のタグが、ペグに付いています。

付属品

ソフトケース

ソフトケースは、持ち手と肩掛けが付いていますが、ポケットがありません。素材は、100均の扇風機カバーのような薄手のもの。持ち運び用ではなく、ホコリよけになる程度です。

チューナー


液晶部分を立てると電源が入り、倒すと電源が切れます。

ヘッドに取り付け、振動によって調整します。液晶が緑色になったらチューニングOK。音程が低い場合はオレンジ色、高い場合は赤色にライトが変わります。

予備弦


付属の弦は、サバレスのフロロカーボン弦です。アクイーラのナイルガット弦と音の比較ができるのがいいですね。

クロス


フリース素材で柔らかく、サイズは40×40cm。ウクレレを包みながら拭くことができます。

教則本(DVD付き)

この教本は本当のおまけ。使い勝手はイマイチ。ただし、楽譜の基礎が載っているので、楽譜の見方を知らない人には親切です。

まとめ

アリア AU-1は、安くても値段以上の品質で、本当に中国製なの?と疑ってしまいました。また、初心者が安心して使える仕上がりになっています。

ホント、ケチってアラモアナUK-100Gにしなくて良かった(笑)。

しかし、チューナーと教本はイマイチだったので、セット購入の場合、中身の必要性に応じて商品を選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他