ストロークの弾き方

ウクレレ初心者にもできる「アルペジオの弾き方(1)」

基本の8ビートや16ビートが弾けるようになると、アルペジオに挑戦したくなりました。

まずは手始めにイルカさんの「なごり雪」を弾いてみようと思い、アルペジオを練習することにしました。

アルペジオとは

コードを構成する音を一音ずつ低い方から(または、高い方から)順番に弾いていく奏法のことです。

弾き方(パターン1)

  • 親指 ~ 下にはじく
  • 中指 ~ 上にはじく
  • 人差指 ~ 上にはじく

弾き方(パターン2)

  • 親指 ~ 下にはじく
  • 中指 ~ 上にはじく
  • 人差指 ~ 上にはじく

このパターンは、ガズレレのガズさんが考案したガズペジオという演奏パターンです。

基本よりも指使いが複雑ですが、演奏がかっこよくなります。

アルペジオがよくわかる動画

他にも色々パターンがあるのですが、この2つが簡単かつお洒落に弾けるパターンだと思います。

上手く弾くコツ

小指は浮かさず、ウクレレボディに付けて弾くとブレが抑えられます。

左手のコードはしっかり押さえること。ストロークのようにごまかしが効かないので、押さえが弱いと音が途切れます。

最後に

まずはパターン1を練習して、弾けるようになったらパターン2に進むといいと思います。

パターン2が弾けるようになると、「なごり雪」「夜空ノムコウ」など、バラード系の曲が綺麗な流れで演奏できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-ストロークの弾き方