コードの弾き方

ウクレレの「E」をちょっと簡単に弾く方法

ギターの難関コードは「F」ですが、最初につまづくウクレレの難関コードは、何といっても「E」だと思います。

Eが弾けると、曲のレパートリーがぐーんと増えるんですよ。でも超難しい~。

実は、以前紹介した簡易コードは、音が高くなるというデメリットがあります。曲によっては「アレ?何か違う」と感じるので私は使っていません。

 

でも、「スピッツのロビンソン」をかっこよく弾きたいなぁ。

そこで、正統派?のEコードを弾きやすくするための、ちょっとした簡単なコツを調べてみました。

スポンサーリンク

Eの簡易コード その1

親指を4弦に軽く乗せ、4弦をミュート(音を出さない)する方法。

※音が出るのは1弦、2弦、3弦のみ。

基本コード

簡易コード

Eの簡易コード その2

4弦4フレットを親指で押さえる方法。

※音が出るのは全ての弦。

基本コード

簡易コード

最後に

私が弾きやすかったのは「その1」の方法でした。親指は添えるだけなので、コードチェンジが焦らずにできます。

簡易コードと言っても、やはりEは難しいもの。でも、しっかり練習さえすれば必ず弾けるようになります。

マスターするには、自分が弾きたい曲を練習すること!!それが早く上達するポイントです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-コードの弾き方