ウクレレを弾く準備

音叉やピアノを使ったチューニングの方法

チューナーが無い場合、音叉やピアノがあれば、チューニングが可能です。

しかし、この方法は耳に自信があり、音感がしっかりしている人向きです。

音叉とは

音叉(おんさ)とは、U字状の金属製の道具で、楽器のチューニングに使われます。

先端を叩くと「A(ラ)」の音が出ます。

音叉やピアノでのチューニングの仕方

チューニングは①~⑤の順番で行います。

①基準音を鳴らす

音叉を叩くか、ピアノなどの他の楽器で「A(ラ)」の音を鳴らします。

②1弦をチューニングする

1弦の開放弦を「A(ラ)」に合わせます。

③2弦をチューニングする

1弦の開放弦を鳴らしながら2弦5フレットを押さえ、「A(ラ)」になるように合わせます。

④3弦をチューニングする

2弦の開放弦を鳴らしながら3弦4フレットを押さえ、「E(ミ)」になるように合わせます。

⑤4弦をチューニングする

1弦の開放弦を鳴らしながら4弦2フレットを押さえ、「A(ラ)」になるように合わせます。

最後に

楽器にあまり慣れ親しんでいない人や、ウクレレ初心者には難しいので、チューナーを使ってチューニングすることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウクレレを弾く準備