超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

ウクレレを弾く準備

ドレミファソラシとCDEFGABの関係

2019/12/08

多くの人は、ドレミの歌にあるように、音程を表す「ドレミファソラシド」には馴染みがあると思います。

しかし、ウクレレのコード譜でよく目にするのは「CDEFGAB」です。

では、このアルファベットは何を表しているのでしょうか?

ドレミファソラシドを表す「CDEFGAB」

「CDEFGAB」は、ドレミファソラシドを英語表記にしたものです。

  • 「C」= ド
  • 「D」= レ
  • 「E」= ミ
  • 「F」= ファ
  • 「G」= ソ
  • 「A」= ラ
  • 「B」= シ

ということになります。

じゃあ、なぜ「ド」が「A」から始まらないの?

  • 古代ギリシャで使われていた弦楽器の一番低い音をAと名づけたらラだった。
  • Aが一番低い音として音階が作られたが、新しい音楽理論によってCを中心に定めたから。

という説が有力のようです。

コード(和音)を表す「CDEFGAB」

タブ譜でよく見る「CDEFGAB」は、主にコードを表します。

  • 「C」= C・E・G(ド・ミ・ソ)
  • 「D」= D・F#・A(レ・ファ#・ラ)
  • 「E」= E・G#・B(ミ・ソ#・シ)
  • 「F」= F・A・C(ファ・ラ・ド)
  • 「G」= G・B・D(ソ・シ・レ)
  • 「A」= A・C#・E(ラ・ド#・ミ)
  • 「B」= B・D#・F#(シ・レ#・ファ#)

ということになります。

参考Piano Chord CLIP

最後に

ドレミファソラシドが頭にインプットされていると、アルファベット表記がなかなか覚えられないですが、A・B・C(ラ・シ・ド)だけ覚え、残りを順番(D・E・F・G)に当てはめると分かりやすくなります。

ウクレレ・コードを覚える方法と押さえやすい指選びのコツ 300個のコードを導く6のルール/いちむらまさき
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウクレレを弾く準備