超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

コードの弾き方

ウクレレの「D」を弾きやすくする方法

2019/05/11

ウクレレコードの「D」は、手が小さな私でも弾きにくいのに、手が大きい人や指が太い人だとさらに弾きにくいと思います。

なぜなら、ひとつのフレットに指を3本も置くと、指がフレットからはみ出てしまうからです。

そこで、きちんと音を出すための、Dコードの押さえ方のコツを紹介したいと思います。

基本のコード

D

コードの押さえ方

ポイント1

指先をコンパクトにまとめます。

指と指をただくっつけるのではなく、薬指に中指の一部を重ね、中指に人差し指の一部を重ねるようなイメージでまとめます。

ポイント2

フレットを対角線上で使います。

コードの基本はフレットのきわを押さえますが、Dについては薬指は際、中指は中央、人差し指は端という風に、指の位置が斜めになるように押さえます。

ポイント3

親指はネックを握らず、開いている方がコードチェンジがしやすい場合もあります。

ポイント4

それでも無理な場合は、以下の方法を試してください。

最後に

手が大きい人は、「ソプラノではなくコンサート」「ナット幅が広いもの」など、手の大きさに合わせてウクレレを購入すると良いでしょう。

ウクレレサイズが大きくなると、音のコロコロ感が少なくなりますが、弦によってはウクレレらしい音にもなるので、ソプラノサイズにこだわる必要も無いと思います。

ちなみに、私はElvisとARIAを持っていますが、ARIAの方が3mm幅が広いのでとても太く感じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コードの弾き方