ウクレレの基礎知識

購入前に知っておきたいウクレレの木材のこと

2017/07/27

ウクレレを始めようと決めた時、AlaMoana アラモアナ ギアペグ式ウクレレ マホガニー UK-100Gという初心者セットを買うつもりでした。

しかし、ネットで写真をよーく見ると、思い描いていたイメージと違っていたんです。

なんか、カラーボックスのような安っぽい感じ。

まあ、初心者用の安いウクレレセットなんだから、安い材質なのは当たり前なんですけどね。

でも、女子?としては、形から入りたいわけで・・・。

そこで、ウクレレにはどのような木材が使われているのかを調べてみました。

スポンサーリンク

ウクレレで使われている木材

ウクレレで主に使われている木材は、マホガニーとコア。他にも種類はあるのですが、メジャーなのはこの2種類です。

ちなみに、アラモアナ UK100Gの材質は、ナトーでできています。

※アラモアナは、中国に生産工場を持つ廉価のウクレレメーカーです。

アラモアナでの比較

UK-100G UK-160G UK-2500G
ナトー マホガニー コア

ナトー

マホガニーの代用品として、安いモデルに使用されます。

マホガニー

ギター等にも使用される木材で、とてもコストパフォーマンスの高い木材。コアよりも柔らかく伸びのある音色が特徴です。

コア

ウクレレといばコレ。明るく歯切れがよく、軽快な音色です。木目が美しいゴージャスな板です。

参考【サクラ楽器】ウクレレをはじめよう!

 

参考【島村楽器】失敗しない!賢いウクレレの選び方ガイド

最後に

小さい画像で見ても、材質の違いがよく分かりました。

板が違うと音も違うとのことなので、ウクレレの上達を目指すには、(予算を考えると)マホガニー材のウクレレにすべきだと思いました。

更に、見た目がいいとやる気も出ます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-ウクレレの基礎知識