超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

ウクレレ日記

ストロークのリズムを早く覚えるために効率よく練習する簡単な方法

2019/05/15

コードがある程度押さえられるようになったら、次は8ビートストロークの練習に移る人が多いと思います。

でも、今まで弾いていた4ビート(ジャン・ジャン・ジャン・ジャン)のリズムに比べて、右手の動きが複雑になります。

単純なストロークであれば難しくないのですが、かっこよく弾くためには色々なパターンが弾けなくてはなりません。

そこで、私が実際にやった8ビートや16ビートの練習方法を紹介したいと思います。

ウクレレを持たずとも、いつでもどこでも練習ができるので、早く弾けるようになります。

練習手順

【手順1】動画でリズムを理解する

8ビート

パターンが以下の場合。

動画を見ながら「ジャン・ジャジャーン・ジャジャジャ」と口ずさみつつ、リズムと手の動きを頭にインプットしておきます。

参考ウクレレ初心者でもできる「8ビートストローク」の覚え方と弾き方

16ビート

パターンが以下の場合。

動画を見ながら「ジャーン・ジャン・ジャジャー・ジャジャー・ジャン・ジャジャ」と口ずさみつつ、リズムと手の動きを頭にインプットしておきます。

参考ウクレレ初心者でもできる「16ビートストローク」の覚え方と弾き方

【手順2】エアウクレレで右手を動かす

ストロークの練習ではウクレレを使いません。その代わりに、太ももを使います。

椅子に座り(または正座)、太ももの外側をウクレレ代わりにし、右手でストロークするだけです。

その時、一緒にリズムも口ずさみます(恥ずかしい場合は脳内で)。

慣れてきたら好きな曲を聴きながら練習してみて下さい。自然に弾けるようになります。

この方法は、「テレビを見ながら」「電車を待ちながら」「仕事の休憩中」など、スキマ時間があれば、いつでもどこでもできるのでオススメです。

最後に

ストロークが無意識にできるようになれば、後は左手でコードを追加するだけ。

なかなか覚えられないストロークが、短時間で弾けるようになりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウクレレ日記