超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

ウクレレの基礎知識

ウクレレサイズによる音の違い

2019/12/09

ウクレレを始めた当初、ウクレレサイズが大きくなると、音が低くなると思っていました。

しかし、実際にソプラノとコンサートを弾き比べてみると、音の高さが同じということが分かりました。

ソプラノとコンサートは共通の弦(一部メーカーを除く)なんだから、音の高さに違いがある訳ないんですよね。

そこで、ウクレレのサイズによる「音の高さ」「音の大きさ」「音の響き」の違いをまとめてみました。

ソプラノは音が高くてテナーは音が低いは間違い

声楽や管楽器は、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの順に音が低くなっていきますが、ウクレレは違います。

音が同じ高さのもの

  • ソプラノ
  • コンサート
  • テナー

この3種類のチューニングはAECGと全て同じなので、音程も同じになります。

音が低いもの

  • バリトン

チューニングがEBGDとギターの1~4弦と同じなので、バリトンだけ音が低くなります。

ボディが大きくなるにつれ音が大きくなる

ウクレレは、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンの順に音が大きくなっていきます。

ボディ(スピーカーの役割を果たす)の面積が大きいと大きな音が出るというのは正しいですが、弦の振動をしっかりとボディに伝えないと、大きな音を出すことができません。

したがって、ウクレレを軽く弾いた場合、ソプラノは音量が出やすく、テナーは音量が出にくくなります。

テナーは強く弾くことで大きな音になり、ソプラノは強く弾くと音がつぶれてしまいます。

スケール(弦長)が長いと音が響く

スケールとは、ナットからサドルまでの距離のことで、ソプラノ(約345mm)、コンサート(約380mm)、テナー(約430mm)となります。

弦長が長くなるにつれ、テンション(弦の張り)が強くなり、音も硬くなるのでサスティーン(音の伸び)が良くなります。

その結果、ボディが大きくなるにつれ、ウクレレの音が響くようになります。

最後に

ウクレレの音質は、購入の際の判断基準になると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【初心者8点セット!】Aostin・UMI-1C Pro・コンサートウクレレ・カッタウェイ仕様
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウクレレの基礎知識