超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

ストロークの弾き方

ウクレレ「16ビート」のパターンと分かりやすい動画の紹介

8ビートの曲が弾けるようになったら、次は16ビートですね。

8ビートと同様、16ビートにも複数のパターンがあり、曲によって使い分ける必要があります。

そこで、分かりやすく解説されている16ビートの動画をまとめてみました。

16ビートの基本

1小節に16分音符が16個入ったものが基本になります。

パターン1

ギターでの説明ですが、ウクレレでも同じです。

私がよく使っているストロークパターンです。

パターン2

ロビンソン(スピッツ) などで使えるパターンです。

パターン3

歩いて帰ろう(斎藤和義) などで使えるパターンです。

パターン4

3連の16ビートで、慣れるには難しいリズムです。

夏祭り(ホワイトベリー) / 今夜このまま(あいみょん) / Hero(安室奈美恵) などで使えるパターンです。

最後に

パターンとしては1と2が弾きやすいですが、色々な曲が弾けるように、複数のパターンを練習しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ストロークの弾き方