超初心者が思いつきでウクレレを始めてみた!!

ウクレレを「独学で始めたい」「歌謡曲・J-POPを弾きたい」「基礎知識」「弾き方」「コツ」「ポイント」「参考動画」などをわかりやすく紹介していきます。

ストロークの弾き方

4ビート・8ビート・16ビートの違い

2019/05/23

ビートとは拍子のことで、1小節に入っている音符の数で種類が異なります。

同じビートでもさまざまなストロークパターンがありますが、今回はビートの基本について紹介したいと思います。

4ビート・8ビート・16ビートの違い

4ビート

4ビートとは、1小節の中に4分音符が4つある状態を言います。

8ビート

8ビートとは、1小節の中に8分音符が4つある状態を言います。

8分音符は4分音符の1/2の長さなので、4ビートよりテンポが速くなります。

16ビート

16ビートとは、1小説の中に16分音符が4つある状態を言います。

16分音符は4分音符の1/4の長さ(または8分音符の1/2の長さ)なので、さらにテンポが速くなります。

最後に

今回はビートの基本を紹介しましたが、これをベースとして色々なストロークパターンが存在します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ストロークの弾き方