ウクレレを弾く準備

タブ譜の読み方と弾き方。マスターできれば楽譜が読めなくてもウクレレが弾けちゃいます

テキストを手にしたけれど、楽譜に並んだ数字を見ると頭がチンプンカンプン。

急にやる気が無くなって、ウクレレにほこりがかぶってしまった。

そんな人のために、タブ譜の使い方を紹介したいと思います。

理屈が分かってしまえば簡単なので、タブ譜を活用しない手はありません。

読めると読めないでは、ウクレレの上達に差がでるかもしれませんよ。

タブ譜とは

タブ譜は、ウクレレの各弦を表す横線の上に、フレット番号を記した楽譜です。

五線譜の音符♪が読めなくても、タブ譜を見れば、どこを押さえて弾けばよいかがわかるので、とても便利です。

数値は押さえるフレットを表し(0は開放弦)、数値が書かれている弦を鳴らします。

パターン1

右手

「3.0.0.0」「2.3.2.0」「0.0.0.2」「0.1.0.2」のように、数字が縦に4つ並んでいる場合は、1弦から4弦までの全ての弦を同時に鳴らします。

左手

押さえるフレットの位置は、左から順にこのようになります。

パターン2

右手

数字が縦に1つしかない場合は、数字が書かれている弦のみを鳴らします。

左から順に「2弦」「3弦」「1弦」「3弦」を弾きます。

左手

押さえるフレットの位置は、左から順にこのようになります。

最後に

弾き語りの場合、ストロークとコードを覚えていれば、タブ譜が読めなくてもあまり問題はありません。

しかし、「ソロを弾きたい」「コードが覚えられない」人にはタブ譜が必要となります。

覚えていて損は無いので、ウクレレ演奏に慣れてきたら、タブ譜の見方・弾き方をマスターして、ぜひ活用してほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウクレレを弾く準備