便利なウクレレグッズ

初心者がウクレレを始める時に最低限購入したいもののまとめ

2017/07/27

私が初心者用のウクレレセットを実際に使ってみて、必要が無かったものが何点かありました。正直なところ、「セットにする必要が無かったな」と、少しだけ後悔しました。

そこで、ウクレレを始める前に、これだけは用意したいもの、必要が無かったものを紹介します。

スポンサーリンク

最初から買う必要があるもの

ウクレレを始めるにあたって、初心者用なら最低限この3点があれば十分です。

ウクレレ本体

参考ARIA(アリア)AU-1

これが無いと演奏できないって話ですよね。

ウクレレクロス

参考アリア クリーニングクロス

ウクレレは、指の脂や汗で汚れることが多いので、使い終わったら拭くクセを付けた方がいいと言われています。

木で作られているウクレレは湿気に弱いので、楽器専用のクロスを使って拭くことを習慣化しましょう。

いくら安い初心者用だからといっても、ウクレレは大事に使いたいものですよね。

ウクレレケース

自宅のみの使用であれば、付属のソフトケースで充分ですし、持ち運びをする場合は、緩衝材(クッション)が入った、厚手のケースを別途購入するといいと思います。

ウクレレのケースは色やデザインが豊富なので、好みに合わせて買うのもアリです。

こんな可愛いの欲しい・・・。


【KIWAYA】 ソプラノ用 ウクレレソフトケース No.40-S/F ( ソプラノロングネック対応 フラワー柄 リュックタイプ)

参考私が購入したウクレレセット

買う必要がないもの

ウクレレチューナー

参考Aria ACT-UK

ウクレレチューナーは絶対必要だけど、スマホがあれば買う必要無し。

ただし、スマホを持っていない場合は、必ずチューナーを買いましょう。

初めてのチューニングは、付属のチューナを使いました。

1弦(A)と4弦(G)は比較的簡単にチューニングできたのですが、3弦(C)と2弦(E)がなかなか音が合わず。特に3弦は苦労しました。

C(一番低い音)が合わなかったら、スムーズにチューニングできないじゃんか~!!

ネットでの評価は良かったのにおかしい・・・。おそらく、私が99%悪いのでしょう(訳もわからずペグを回してしまった)。

そこで、対応策としてiPhoneにウクレレ専用のチューニングアプリをダウンロードしました。

↓↓↓ウクレレチューニング用無料アプリ↓↓↓

参考【App Store】ウクレレチューナーとメトロノーム無料 - ukulele tuner tool

いとも簡単に、CとEの音合わせができました。これはすごいわ。しかも無料でメトロノームも付いています。

ちなみに、YouTubeでチューニング音を調べることもできます。

初心者用テキスト

参考ウクレレでコードがスラスラ押さえられるようになる本

教本や教科書の類は、実際に目を通したものを買った方が覚えやすいです。

youtube(ユーチューブ)で色々探すと、初心者のための動画がたくさんあるので、まずはそれで練習してみる。その後、必用であれば買うほうが効率的に練習できます。

実際に入っていた教則本(DVD付)は、本を広げてDVDを見ての練習だったので、結構使いにくかったです。

しかも、私のオツムが弱いのか、チンプンカンプン。ピアノの教本と違うから慣れるまで大変~。

最初から買う必要はないが買っておいてもいいもの

予備弦

参考SAVAREZ サバレス ウクレレ フロロカーボン弦 140-R

ウクレレの弦は消耗品。遅かれ早かれ交換する時期が来ます。最初からウクレレと同時に買っておけば、送料が得になります。

ちなみに、交換時期はいつがいいかというと、

  • 使う頻度が高ければ3ヶ月に1回
  • 弦の裏を触ってみてボコボコになった時
  • ウクレレの音色を変えたい時
  • 弦が切れた時

と、人によって様々です。

万が一のために、最初から買っておいても損はないです。

カポタスト

参考ウクレレ用カポ イーグルカポ MORRIS CA900

カポは、自分の声の高さにキーを合わせたり、バレー(セーハ)コードを減らして弾くのを簡単にしてくれます。

「ウクレレでカポを使う人はあまりいない」と言う人がいますが(フレット数が少ないため)、演奏が楽になるので私はたまに使います。

形はグリップタイプが便利ですよ。

ウクレレスタンド

参考【国内正規品】 ZENN ゼン ウクレレ用コンパクトスタンド UKCS

ウクレレはスタンドが無くても置けるんですが、横に寝かせておくとかなり邪魔になります。

スタンドに立てて保管すると、場所をとらずにすみますし、インテリア風に飾ればおしゃれです。安定するので、倒れることもなく安心です。

ウクレレ用滑り止め

参考【Famous】 ウクレレ ノンスリップラバー (貼ってはがせる)

ウクレレは弾いていると、着ている服の素材によって滑り落ちてきます。

弾きにくいと上達が遅くなるだけでなく、変な癖がつく恐れがありますので、あるととても便利です。

ボディの裏側に貼るタイプは、しっかりと隠れるので見た目も気になりません。

私はずっと貼りっぱなしにしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-便利なウクレレグッズ